コンテンツへスキップ

お子さんが勉強に自分から取り組むための重要な要素、それはお子さんの「気持ち」と「やり方」です。

大前提として、お子さんが「勉強することは楽しい」と思う必要があります。

学年が上がれば上がるほど、勉強はつらく大変なものだ、という意識が生まれます。
またおうちの方が勉強に対してあまり良い思い出がない、となると、お子様にもその思いは伝わってしまいます。

「勉強」を「勉強」としてとらえる前に、お子さん自身が

「新しいことを知るのは面白い」
「できなかったことができるようになることは楽しい」

という思いを持てるようにしたいものですね。

そのうえでお子さんにやりたいようにやらせることが大切。

「まだ幼稚園生だから早い」とか、
「そんなにたくさんやらなくたっていいんじゃないの」とか、大人がブレーキをかける必要はありません。

お子さんの学年にかかわらず、新しいことはどんどん教えても構いません。
お子さんが「もっとやりたい」というならどんどん与えて構いません。

もちろん、あまりにも順序がめちゃくちゃだと後で理解が苦しくなったり、誤って理解してしまうことがあるので、修正が必要なことがあります。そういうときこそ、プロがちょっと軌道修正する。

だから、おうちの方が「教える」必要はありません。

学校以外の学習を始めるのはいつがいいか、ということをよく聞かれます。

... "学習を始めるのは小学生低学年までが大切" を続けて読む