代表 杉原伸太郎 プロフィール

20年後のリーダーを育てる エデュケーショナルプロデューサー 杉原伸太郎

2児の父、2013年度秦野市立南が丘小学校PTA会長。

都立戸山高校、慶應義塾大学総合政策学部卒。
大学在学中は家族社会学(戦後の家族のあり方、放課後児童の行動など)を専攻。
東証第1部上場大手学習塾に勤務を経て、2010年4月 神奈川県秦野市に学習塾SF-Learningを設立。指導に携わった秦野市内の小中学生、高校生は500人近く。

SF-Learningでの活動

「学びの『プロ』を育てる学習塾」を合言葉に、教科学習や補習、受験対策は
もちろん、学習法や課題の見つけ方の指導、飛び級学習を取り入れ、既存の学習 塾の常識を打ち破る指導を実践。秦野市内に2教室を展開。

教材制作、販売

中高生向け学習計画帳「For Study」および小学生用学習記録帳「フォースタディ ージュニア」を製作。(「For Study」は大阪府寝屋川市学習塾FRONT植田剛仁先 生との共同)
全国の個人塾でのべ3000人以上の生徒が利用。
またFor Studyを通じた、全国の学習塾経営者との交流事業にも参画。

コミュニケーションや五感を通じた学習の研究と実践

米国NLP™協会認定プラクティショナー
マザーカレッジ認定講師
秦野コミュニケーションクラブ「ほっと」でのワークショップの開催
個別カウンセリング、親子コミュニケーションセミナー、子供向けコミュニケー ションワークショップの開催など実績多数

ブログやメルマガを通じた情報発信

ブログ「小中学生の親子が知りたいとっておきの学習法」
メルマガ「小5から始めるカンタン家庭学習レシピ」

最近の研究分野

五感を使った教育

[モダリティ研究メモ0] 優位感覚と学習には関係があるのか | 神奈川秦野の学習塾代表が本音を語る?!

[モダリティ研究メモ1]視覚優位の方に効く 色や印でわかりやすくする工夫 | 神奈川秦野の学習塾代表が本音を語る?!

[モダリティ研究メモ2]体感覚優位の方は書くことがとても重要 | 神奈川秦野の学習塾代表が本音を語る?!

[モダリティ研究メモ3]優位感覚によって単語の覚え方は違うのか | 神奈川秦野の学習塾代表が本音を語る?!

[モダリティ研究メモ4]視覚優位さんにおすすめの作文作成術 | 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

[モダリティ研究5]メモの中身を思い出すときが大事だということ – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

【モダリティ研究6】国語が好きだからといって英語が好きとは限らない – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

【モダリティ研究7】本番になるとうまくいかないのはメンタルの問題とは限らない – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

【モダリティ研究8】教科書音読の宿題をバカにしてはいけない – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

【モダリティ研究9】 視覚優位だから読み上げられても理解できない – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

【モダリティ研究10】絶対音感と聴覚優位は関係があるのか  – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
【モダリティ研究11】「ながら勉強はNG」は本当か 上手に利用できるかも? – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

未就学児の教育への保護者のかかわり

低学年から学習を始めたほうがいい訳 早いからこそ良い癖が身につく – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

子どもは勉強が嫌いなのか 幼少時の保護者のかかわりがなぜ大切なのか – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

男性の家庭教育へのかかわり