高校1年生滝元耕志君が語る「興味があるからこそ社会の勉強は楽しい」

インタビューに答えてくれた人

fbt

滝元耕志君(松陽高校1年)
(2017年4月よりLebroで受講中)

杉原

今日はよろしくお願いします。

滝元

お願いします。

社会の勉強がとても楽しい

高校が始まって、どう?

世界史の授業が楽しいですね。全部頭に入ってくるんです。

ほー、それすごいね。もともと興味があったの?

そうですね、世界の歴史が日本に影響しているを知ることもできるし、グローバリズムって言われる中で相手のことを知るのも大切、って思うと、興味深いですよね。

以前も耕志君が話しているのを聞いて、政治のこととか、世の中の動きをよく知ってるなー、と思っていたけれど、何かきっかけはあったのかな。

そうですね、気づいたら社会が好きで、気づいたら政治に興味を持っていた気がします。そこから経済とか外国とか興味持ってきたんだと思います。日本の国の外に、内面も違う価値観も違う人間がいるなんて、面白くないですか?

好きこそものの上手なれ

ということは、「外のものに対する興味」があなたを引き付けたんだね。

そうですね。単純に自分の探求心というか。

でも、興味から好きになるっていいよね。

その上でどうせ好きになるなら、だれよりも知っていたい、みたいな気持ちになるんですよね。

なるほど、その2つが相まった感じだ。

そうですね、興味があるというところがもともとあって、スペシャリストになりたいという気持ちがさらに強めたんだと思う。

耕志君とは逆に社会の勉強で困っている人にアドバイスするとしたら…?

うーん、そういわれても難しいんですよね。まずは「〇〇年に▲▲がありました。おしまい!」だけだと面白くないですよね。

うんうん。

でも「『この事件の背景にはこういう組織がかかわっていて…』みたいなことに興味を持ったらいい」とかいう人いるけど、その段階で興味ない人にはつらいと思う(笑)。

なるほど、まさに「好きこそものの上手なれ」なんだね。

時代に恵まれた

あと、生まれた時代がよかったと思うんですよ。

 

というと?

 

インターネットで調べたいときに何でも調べられるじゃないですか。

 

うんうん、そうだね。

 

よく「インターネットはうその情報がいっぱいある」っていうじゃないですか。でも情報を集める場所を間違えなければ、いいこといっぱい載っているんですよね。そういう意味では時代に恵まれた感じがします。

将来の夢は…

将来はどんなことを勉強してみたい?

 

そうですね、できれば宗教とか、民族とか、そういうことをもっと調べたいです。

 

ほー、それはなんで?

 

宗教とかって日本人にはなじみがないものじゃないですか。でも他の民族にとっては道徳であり、その民族の価値観を作り出すものですよね。日本人とは違う歴史を歩み、違う個性を持っている外の人間のことをもっと知りたいと思うんです。

 

なるほど、いいですね。

 

そのためには英語を話せた方がかっこいいし、話せないとしょうがないですよね。だから、英検取れるようがんばるつもりです。

 

うん、引き続き一緒に頑張りましょう。今日はありがとうございました。

sdr

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください